• Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1
  • Slide 1

セミナー「サウジアラビア王国の至宝」開催


 2018年1月30日(火)、アラブ イスラーム学院において、セミナー「サウジアラビア王国の至宝」が開催されました。本セミナーは1月23日(火)から3月18日(日)まで東京国立博物館表慶館で行われる特別展示「アラビアの道 サウジアラビア王国の至宝」の開催を記念し、サウジ側よりアリー・ アルガッバーン博士(サウジアラビア王国国家遺産観光庁副長官・王立文化遺産保護プログラムスーパーバイザー)、日本側から藤井 純夫教授(金沢大学人間社会研究域)、長谷川 奏客員教授(早稲田大学総合研究機構)、徳永 里砂博士 (アラブ イスラーム学院研究員、金沢大学客員准教授)を発表者にお迎えし開催されました。

10カ国を超えるアラブ・イスラーム諸国大使及び外交団、国内外の教育機関、学院在校生及び卒業生など、150名を超える方々が参加されました。また、日本・サウジアラビア友好議員連盟会長、河村建夫衆議院議員の代理として事務所を代表し河村定夫顧問にご臨席賜りました

セミナーは下記の内容で行われました。


11:00 開催挨拶・クルアーン朗誦 
11:05 学院長挨拶 ナーセル・アルオマイム(アラブ イスラーム学院学院長)
11:10 挨拶・講演1 アリー・ アルガッバーン (サウジアラビア王国国家遺産観光庁副長官・王立文化遺産保護プログラムスーパーバイザー)「サウジアラビア王国の古代文明」
11:25 講演2 藤井 純夫 (金沢大学人間社会研究域教授)「サウジ考古学への日本隊の貢献」 
11:35 講演3 長谷川 奏(早稲田大学総合研究機構客員教授)「初期イスラーム時代の陶器 -エジプトとヒジャーズ-」
11:45 講演4 徳永 里砂 (アラブ イスラーム学院研究員、金沢大学客員准教授) 「アラビア半島の岩に刻まれた歴史」
11:55 記念撮影・閉会
12:00 地下1階にて昼食(ビュッフェ形式)
 
[ Return to Slideshows ]